イル・タバーロ(外套) Il tabarro

イル・タバーロ(外套) Il tabarro

昨年の夏には、プッチーニの一幕物オペラ三部作 (“Il trittico”) のひとつ、「イル・タバーロ(外套)」で猫好きのおばさんフルゴラを歌った。三部作の中では、アリア”O mio babbino caro” (「私のお父さん」)で知られる「ジャンニ・スキッキ」が最も有名。もうひとつの「修道女アンジェリカ」は、一幕でちょい役の修道女がわんさか登場するためか、音大等で上演されることが多いように思う。

さて、このフルゴラ、勉強し始めてみると、非常に歌いやすく、自分の声にとてもよく合っていて驚いた。私の苦手な音域に触れずにぐっと下がったり、持ち上げてもらうように上がったり。そう頻繁にあることではない。同じくプッチーニのスズキも合っていたが、「蝶々夫人」でスズキを歌いたいメゾに比べ、「外套」でフルゴラを歌いたいメゾの幅はぐっと狭まるはず。そして、スズキにはアリアがないが、フルゴラのアリアは見せ所満載だ。「セビリアの理髪師」のベルタも見せ場はあるものの、一曲歌うのに2時間近く待つのに対し、これは一時間近くでスピーディーに物語が展開するので、忙しい私には大変ありがたい。何だか得した気分だった。

リハーサルが始まると、冒頭から繰り返し流れる物憂いテーマに始まり、心を揺さぶる波の音、船乗りの掛け声にセーヌ河畔の流しやお針子さんの黄色い声など、背景の音楽の美しさにこれまた感激した。ストーリーも、はしけ船の老船長ミケーレ(と言ってもまだ50歳!)が若い妻ジョルジェッタに愛されなくなったことを嘆き、妻は妻で行き場のない思いに苦しみ、と、リハーサルの度に涙が出てしまう。本当です。

船乗りタルパの妻であるフルゴラは、ガラクタ収集癖のあるおばさんで、夫と猫をこよなく愛している。やはりたったの50歳なのに、タルパとは「じいさん」、「ばあさん」と呼び合い、早く船の生活を終えて、夫と猫と小さな家で死を迎えたいと、暗い夢を語っている。

設定は1910年のパリ。この時代と場所において、50歳という年齢はどういう意味を持っていたのだろう。江戸時代なら平均寿命がそれくらいだったらしいから、「もういつどうなっても。。」というのも分かる。だが、それにしては、ミケーレはジョルジェッタの浮気相手を刺し殺すし、フルゴラも夫にマッサージしてあげたことを官能的な手つきで嬉々として語るなど、どちらも案外元気である。

録画を見ると、フルゴラはたいてい狂った老女として演じられているようだが、私にはそうは思えなかった。夫と猫を愛し、性的な興味もあるようだし、常軌を逸した言動からふと正気に戻り、深みのある発言もする。エキセントリックではあるものの、この揺れの大きさ、孤独感も含め、現代の中年女性と何ら変わらないのではないか。

2007年には、ブルックリンを拠点とするVertical Players Repertoryが廃船となったタンカーをステージにこのオペラを上演した。何というアイデア!いつか再演してくれないものか。。。

蝶々夫人(続き) Madama Butterfly (2)

蝶々夫人(続き) Madama Butterfly (2)

私の場合、オペラの役をどうやって勉強するかというと、まずはリンカーンセンターにある舞台芸術専門の図書館に駆け込み、台本を探して翻訳と発音を確認する。メトロポリタン歌劇場で発音コーチを務め、自身もテノール歌手だったニコ・カステルが、あらゆる言語のオペラの台本を片っ端から発音記号で表記して逐語訳も併記した何ともありがたい台本全集のようなものがあり、これにならうのが通例のようだ。少なくとも、私の周囲では。(後記:ニコ・カステルは残念なことに、2015年5月に死去した。)

今回も例に漏れずそうしたのだが、スズキの台詞には悩んでしまった。スズキは最初の登場場面で結婚仲介人のゴロー(ファーストネームだったり、ラストネームだったり、ごちゃごちゃである)に、「旦那さまはよく笑う方かしら。笑いは(人生の)花ですもの。オクナマは(何たらかんたらと)おっしゃいましたわ」(拙訳)と一気にペラペラまくし立てるのだが、私はこのオクナマでまず躓いた。オクナマって誰だ?前述のニコ・カステルの本には、”il savio Ocunama (the sage Okunama)”とある。インターネットには「賢人オクナマ」、「賢いオクナマ」、「聖人オクナマ」などと出てもいるが、本当にそうだろうか。。どこの国の人なのだ。。。これについては、何か月も悩んだ末、「賢い奥様」なんではないかという結果に達したが、どうだろう。

第二幕はスズキが仏壇に手を合わせ、「イザナギ、イザナミ、サルンダシーコ(猿田彦)」と祈る場面で始まる。クラッとはくるものの、取りあえずは解る。問題はその次だ。「そして、テンショウダイ」スズキは祈り続ける。テンショウダイって何だ?お寺の名前?調べても調べても答えは見つからない。何か月も悩んだが、結局、答えはニコの本に載っていた。さすがに手掛かりは見つからないだろうと、脚注までは読んでいなかったのだ。それによると、どうやらアマテラスのことらしい。天照大神。テンショウダイジンとまで言ってくれれば分かったのに!ああ苦労した。それにしても、恐るべし、ニコ・カステル。

登場人物の名前も混沌としている。ちょっと悩んでしまったのは、蝶々さんの叔父のボンゼ。東洋的な響きはするが、いったい。。。これは何か月も費やすことなく、お坊さんであることから、ボンゼ、ボンゾ、ボウズらしいことが判明した。あと、ヤクシデという登場人物もいるが、この人の出番がどこだったかもう思い出せないので、またの機会にしよう。薬師寺か?

こちらのオペラ関係者が、この女中のスズキを「ツッヅーキ」ときばって呼ぶのも、ニコの台本に[su’ddzuki]と書いてあるからなのだろうか。自動車のSuzukiはすっきりスズキと言うのに。そうだとすれば、何という影響力だろう。

最後にもう一つ、蝶々さんの名前は、スペイン語ではとんでもない意味になるそうなので、スペイン語圏の人たちの前ではお気をつけあそばせ。(さらに続く)

蝶々夫人 Madama Butterfly

蝶々夫人 Madama Butterfly

今年の1月はプッチーニのオペラ「蝶々夫人」で女中のスズキを歌った。メゾソプラノで日本人である私にとり、スズキは外せない、大切な役だ。自分の容姿が有利になる役など他にはない。歌の勉強を始めて間もない頃から「あなたスズキ歌えばいいじゃない」、「君はスズキに必要な要素をすべて持っとる」と言われ続け、今回ようやく歌う機会に恵まれて、少しほっとした。余談だが、こちらの人はスズキと素直に言わずになぜか「ツッズーキ」とリキんで発音するため、慣れるまで何を言われているのか分からなかった。

「蝶々夫人」はその素晴らしい音楽にもかかわらず、日本の文化や女性に対する偏った描写から、好まれないことも多い。私も好きではなかった。だが、いったん勉強し始めると、日本人ならではのこのオペラの楽しみ方があることに気がついた。

オペラ好きには周知のことかもしれないが、「蝶々夫人」には、「さくらさくら」「君が代」、「越後獅子」、「お江戸日本橋」といった日本の馴染み深い旋律が所々に散りばめられており、この場面はどのメロディー、と探し当てるのが非常に楽しい。例えば、「お江戸日本橋」は蝶々さんの結婚式の場面というように、ストーリーと旋律がまったくかみ合っておらず、ずっこけてしまうのもまた楽しい。

私は東京の深川という下町に育ち、大叔母(祖母の姉)は新内の家元だったため、幼い頃おばさんの三味線に合わせて「お江戸日本橋」の稽古をした記憶がある。この歌は新内ではないが、ちょっと軽く楽しく歌ったのを憶えている。数十年後、ニューヨークでその曲に再会することになろうとは。それもオペラの世界で。何という運命のいたずらか!(続く